"Profundidade de vapor áreas de produção de chá verde" Província de Shizuoka em makinohara, Kanaya, Shimada Kikukawa Alojamento entre o茶蔵A consistente fabrico e venda de chá da gerência do campo de chá, chá ainda segurança e segurança de cliente será entregue.

Como preparar o chá e Q & A

深蒸し茶の淹れ方

淹れ方のポイント

Q & A

Sobre o chá

Q. お茶の保存方法はどうすれば良いですか?
  • A: 未開封の場合は、冷蔵庫で保存もしくは、高温多湿を避けて保存してください。開封後は、冷蔵庫には入れずに密封して高温多湿を避けて保存し、1ヶ月くらいを目安にお早めにお飲みください。

Q. 八十八夜のお茶とはなんですか?
  • A: 八十八夜は、立春からかぞえて八十八日目にあたる日で、だいたい5月2日ころとなります。八十八夜に摘み取られるお茶は、古来より不老長寿の縁起物の新茶として珍重され、香り、味のバランスのとれた高級なお茶となります。

Q. 食後に飲むお茶はどれがお勧めですか?
  • A: 食中、食後には熱いお湯でも美味しく飲める「輝」がお勧めです。脂っこいものを食べた後などは、さっぱりとする「ほうじ茶」もオススメです。

Q. うがい用にお茶を使いたいのですが、どの商品が良いですか?
  • A: うがい用にはカキテンたっぷりでさっぱりな番茶「里山の秋みつけた」がおススメです。

Q. お茶の水色が濃い緑色ですが抹茶入りですか?
  • A: 抹茶は含まれていません。
    茶蔵の緑茶は、正真正銘の深蒸し茶となります。葉肉の厚い芯まで蒸すことで、濃い色、濃い味を実現しています。

Q. 茶殻の有効な利用方法はありますか?
  • A: 茶葉に含まれているカキテンには脱臭効果・抗菌作用がありますので、茶殻を消臭剤として活用できます。茶殻を乾燥させて、瓶や小皿などに入れて冷蔵庫の中や靴箱などの隅に置くと、消臭剤として利用できます。3~4日で交換するとより効果があるでしょう。

お茶の淹れ方について

Q. 熱湯で淹れても問題ありませんか?
  • A: 基本的に熱湯で淹れても問題ありませんが、お茶の種類によっては湯冷ましをした方が楽しめるお茶もあります。「輝」「深蒸し茶ティーパック」「ほうじ茶」などは熱湯で十分楽しめます。

Q. お茶は何煎(何回)まで出すことができますか?
  • A: 基本的にどのお茶も2煎目まで楽しむことができます。お好みで3~4煎目も試してみてください。「里山の雫」は釜炒り茶で5~7煎目くらいまでお楽しめます。

Q. ティーパックで水出し緑茶が上手に淹れられませんが、コツを教えてください。
  • A: コツとしては、最初に少量のお湯で少し抽出してから水を注ぐとよりおいしく召し上がれます。

Q. 水道水を使用してはダメでしょうか?
  • A: 水道水でも問題ありません。水道水を使う場合は、カルキ臭対策として沸騰したまま1~2分待ってから火を止めて使用してください。

ギフトについて

Q. ギフト包装をしてほしいのですが可能ですか?
  • A: 包装は可能です。お気軽にお問合せください。

Q. のし紙をつけてもらえますか?
  • A: 可能です。お気軽にお問合せください。

Q. それぞれ値段や中身を指定したギフトを個別に作ってほしいのですが可能ですか?
  • A: 可能です。お値段や内容量などお客様のご要望に合わせてご用意いたします。お気軽にお問合せ下さい。

茶蔵について

Q. 営業時間は何時からですか?休日はありますか?
  • A: 営業時間は、平日8:30分~12時になります。土日祝日は休みです。

Q. 菊翆茶農協と茶蔵は同じですか?
  • A: 菊翆茶農協の小売部が「茶蔵」になります。

その他

Q. イベント出店、卸売りなど行っていますか?
  • A: イベントも随時出店しています、何か情報がありましたらご提供ください。 また、卸先や商品を置いていただけるお店なども随時募集しています。

お茶の淹れ方